ysk's tumblr

www.yusuketanaka.org

Jun 5

norah-norah:

先日、幸運にも、京都にある美山荘を訪れる機会に恵まれた。

京都駅から車で1時間ほどの山奥にある。冬は雪が多く、ある特定のタクシードライバーでないと辿り着くこともできないのだとか。

“つみくさ料理”と呼ぶ料理は、基本的に周囲の里山から自分たちの手で摘んできたものを、丁寧に料理し提供するというもの。最初に出てきたのはアケビのお茶。山のアケビをもいできて一年ほど乾燥させたものを煮だすそうだ。優しい味がした。

この日はお箸まで自家製、お客様の少ない日に枝を取ってきて、厨房で削ったものだ。

美山荘での体験はとても贅沢なものだった。ふと、贅沢というものを考えさせられる。

ここで守り受け継がれているものは昔からの日本の里山の暮らしなのかもしれない。それを高めることで、世界に通用する芸術の域になる。

女将さんも、「料理は総合芸術といわれます」とおっしゃられていた。

本来日本は、贅沢な国なのかもしれない。


May 17

登山靴の紐がほどけない、簡単な結び方

study-experience:

image


登山は準備が肝心。
登る前は、実はやっておくべきことがたくさんあります。
準備運動、コース確認、そしてトイレを済ませておくなどなど。

その際に、併せてやっておきたいのが「靴紐の結び方」をチェックすること。
普通に蝶結びをしておしまいという方が多いようですが、オススメは「二重結び」です。

Read More


May 14

norah-norah:

日本三大朝市のひとつに数えられている、勝浦の朝市。安土桃山時代から400年以上も続いているそう。週末の朝8時に着くとまだ人はまばらだが、時間が経つにつれ、観光客も増えてくる。

海が近いだけに魚も大胆に売られている。毎週水曜日を除き、毎日開かれているこの市場。

「おはよう」「また明日」。短くも豊かな言葉が飛び交っていた。

【印刷版】Season4 : Spring 2014 を購入880円)

【PDF版】Season4 : Spring 2014 を購入200円)


Jan 8

meaningfulsilence:

Micro-photography of individual snowflakes by Alexey Kljatov

(via elorablue)


Sep 4

久しぶりの更新になりました。NORAH season002も無事入稿完了!前回よりさらに濃いものになり出来上がりが楽しみです。

さて、こちらは次号の取材で伺った、山形の『果樹園 白雲』さん。農薬は使わず、肥料も一切あたえない、にわかには信じられない自然栽培のぶどう畑がそこにはありました。

畑をここまでの形にしたのはIQ200のチャーミングな(お酒好きの)工藤さん。そしてその畑を引き継いだのが、白雲の園主である松藤さん。

下草がボーボーですが、この中に120種類もの植物が生えて、生態系を豊かにしているそう。ここには書ききれませんが、具体的な理論と方法論を持って、自然栽培を実現しているところが感動的でした。

この生命力あふれるブドウは9月いっぱいファーマーズマーケットでも買える予定ですので、ぜひ味わっていただきたいです!


Aug 8
nkdf1:

みどり荘ソーラープロジェクト|企画協力
*スポンサー募集中!https://motion-gallery.net/projects/midoriso01

nkdf1:

みどり荘ソーラープロジェクト|企画協力

*スポンサー募集中!https://motion-gallery.net/projects/midoriso01


norah-norah:

ブルックリンの、かつて海軍たちが暮らしていたというエリアに、ひとつの屋上農園があります。Brooklyn Grange

日本だとあっても“屋上菜園”ですが、ここは馬鹿でかい。農地と言っていいと思います。

ボランティアも巻き込みながら、野菜を中心に(日本野菜もちらほら)、ニワトリ小屋もあり、ミツバチの巣箱もあり、と多様な生態系が。採れた野菜はファーマーズマーケットなどで販売するほか、NY内のいくつかの飲食店とも提携しているそう。

日本でも新木場あたりなら可能性ありそう。


Apr 29

Apr 27

Mar 19

Page 1 of 16